会社設立の夢を叶えたいならプロに相談しよう

  1. ホーム
  2. 大阪繁華街で店舗を借りる

大阪繁華街で店舗を借りる

オフィス

事業計画をしっかりと

心斎橋は大阪中央区の繁華街で、御堂筋から東に心斎橋商店街が広がり、かつてあった長堀川に架けられた橋梁が心斎橋という名称であったことから心斎橋と呼ばれるようになったと言われており、現在は百貨店やブランドショップ、服飾をはじめとするセレクトショップ、多くの外食店舗が軒を並べる一等地として知られています。鉄道各線が集中し、人口の流動が多い地区でビジネスチャンスがある地区と考えられ、ここでの出店を目指すオーナーは多いです。心斎橋エリアは貸店舗の家賃が高く、出店するも経営が軌道に乗らず閉店を余儀なくされるオーナーさんも多いです。ここで経営するメリットは人口の流動性が高いことですが、一方での問題が貸店舗の家賃相場が高いことです。とくに百貨店や駅に近いエリアでは貸店舗の家賃が高いです。初期投資として店舗の建築費や不動産仲介手数料、保証金、初月家賃、などのコストに広告費や商品コスト、人件費などのオープニング費用が掛かり、大きな負担となります。多くのオーナーは金融機関からの借り入れで開店費用を賄いますが、開店後もランニングコストは掛かります。その中でも貸店舗の家賃と人件費はかなりのウエイトを占めます。そこに有利子負債があれば、非常にきつい経営となります。現在の消費者は、商品価格や味など店舗の評判を調べるコンテンツを持ち、非常に厳しい目でお店を選んでいます。グルメを提供する店舗であれば、味が良ければたちまち評判が広がります。ビルの地下やメインストリートから一本入った辺鄙な場所でも、隠れ家的グルメスポットとして情報はすぐに広まります。狭い店で行列ができることが逆にお客を呼ぶこともあります。無理な初期投資で経営がきつくなるより、バランスの良い経営を考えなければ心斎橋での経営は難しいと言われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加